平成31年度の協会けんぽの保険料率は3月分(4月納付分)から改定されます(協会けんぽ)
2019.02.22
平成31年度の協会けんぽの健康保険料率及び介護保険料率は、本年3月分(4月納付分)*からの適用となります。 皆さまのご理解をお願い申し上げます。 *任意継続被保険者及び日雇特例被保険者の方は4月分(4月納付分)から変更となります。
https://www.kyoukaikenpo.or.jp/g3/cat330/sb3130/h31/310213
「パートタイム・有期雇用労働法 対応のための取組手順書」が公開されました(厚生労働省)
2019.02.12
2020年4月1日(中小企業は2021年4月1日)から施行される同一労働同一賃金に関する取組み手順書が公開されました。
https://www.mhlw.go.jp/content/000467476.pdf
健康保険被扶養者の手続きについて(日本年金機構)
2019.02.01
平成30年10月1日以降に日本年金機構で受け付ける「健康保険 被扶養者(異動)届」及び「船員保険 被扶養者(異動)届」について、添付書類の取扱いが変更になりました。手続きの変更の概要については、下記をご覧ください。
https://www.nenkin.go.jp/oshirase/taisetu/2018/201809/20180905.html
裁量労働制の不適正な運用が認められた企業への指導及び公表について
2019.01.25
厚生労働省では、昨年12月28日に閣議決定された「労働施策基本方針」を踏まえ、監督指導に対する企業の納得性を高め、労働基準法等関係法令の遵守に向けた企業の主体的な取組を促すため、裁量労働制の不適正な運用が複数の事業場で認められた企業の経営トップに対する都道府県労働局長による指導の実施及び企業名の公表を行う場合の手続を定めました。(詳細は別紙参照) 都道府県労働局では、これまでも労働基準監督署における監督の結果、事案の態様が、法の趣旨を大きく逸脱しており、これを放置することが全国的な遵法状況に悪影響を及ぼすと認められるものについて、都道府県労働局長が企業の幹部に対して特別に指導を行い、行政の対応を明らかにすることにより、同種事案の防止を図る観点から、その事実を明らかにしてきたところであり、今般その手続を明確化したものです。 厚生労働省では、本公表制度を適正に実施することにより、企業における裁量労働制の適正な運用を図ってまいります。
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_03366.html
外国人の起業希望者に新たな資格「特定活動」
2019.01.19
政府は、外国人の起業を支援するため、留学後に起業を希望する者に「特定活動」の在留資格を与え、最長1年の滞在延長を認める。従来は外国人留学生が卒業すると「留学」の在留資格を失うため、起業するには留学中に起業し「経営・管理」の在留資格を取得する必要があったが、要件が厳しかった。新制度では起業の準備期間を1年にして自治体の支援も手厚くし、日本で働く外国人材を積極活用する方針。
社会保険労務士法人 たじめ事務所 TEL.03-3511-0345(平日 10:00~18:00)アクセス